カードローンの審査を通過できる人とできない人の特徴

様々な理由で出費が増えてしまったときに、消費者金融のカードローンを使って借り入れをしたいと考える人がいるでしょう。

ひと昔前までは消費者金融から借り入れをすることは、イメージの良いものではなかったかも知れませんが、現在ではほとんどの業者が銀行グループの傘下に入って運営が行われていますので、安心して利用しやすくなっています。

Reuters情報が絶対見つかります。

カードローンの申込みを行うと、金融業者による審査を受けることになります。


今までにカードローンを利用したことのない人にとっては、どのような審査が行われるのかについてや、審査を通過することができるのか気になる点ではないでしょうか。

大手の消費者金融では、借り入れ可能な年齢条件が設定されていて、例えば満20歳以上から69歳までの人で、安定した収入のある人が融資を受けられる業者であれば、年齢の基準を満たしておく必要があります。



初めてカードローンを作る人や、過去の取引履歴において延滞の経歴が無い人、年収200万円以上あって定期的に収入を得ている人は審査を通過できる可能性が高いと言われています。一方で審査に通過しにくくなる人の特徴は、過去の利用において返済日を延滞した経験のある人や、収入を得ていない人、他の金融業者からも多額の借り入れを行っている人、債務整理などの金融事故を起こしている人となります。

カードローンの比較

他の業者から融資を受けている金額が、総量規制の適用を受ける年収3分の1を超えそうな人は、基準の範囲内までしか借り入れができないことも重要な要素になると言えます。